永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛は肌にレーザーを当てるので身体に悪いと勘違いしている人もいますが、そんな事はありません。
ましてや皮膚ガンなどの病気になる事もないので安心してください。
では、何故危険だと思われるかですが、それは施術によって起こる肌トラブルによるものであり副作用ではありません。
レーザーの赤外線が血管や内臓などの体に影響を与える事はなく紫外線とは違うと日本医学脱毛協会も発表していますので何も心配する必要はありません。

永久脱毛による副作用

永久脱毛による副作用には、さまざまなものがあります。たとえば、施術を行った部分に赤みが出たり、一時的に火傷のような状態になってしまうことがあります。そのほかにも、毛膿炎になってしまったという人も存在します。毛膿炎とは、毛穴の奥にある細胞がブドウ球菌に感染して、炎症を起こしてしまうという症状です。ニキビと似たような見た目なので間違えてしまう人も多いので、気をつけておきましょう。クリニックの先生とよく相談し、薬をもらったりして、治療していくことが大切です。このような副作用が出たら、すぐに対応することで、治るスピードも速くなります。副作用かもしれないと感じたら、すぐにクリニックに行くようにしましょう。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛で心配する点を考えるときに口コミを参考にする人も多いですが、副作用としてワキ汗やワキガをあげているものも多くみられます。しかしながら、それは勘違いなので心配なく、実際にはそのようなことはありません。脱毛によって毛がなくなると、汗が服につきやすくなり、大量に発汗していると勘違いするケースが多いのです。そのため、脱毛をするときの悩みや心配事は口コミだけでなく、様々なところから情報を得るといいです。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

肌が弱い人には肌トラブルから永久脱毛ができないと思われていますが、肌が弱い人こそ自己処理の回数を減らすことができる永久脱毛がおすすめです。高出力のレーザーで毛根の細胞を破壊しますが、普通肌の人でもある程度痛みがあり、施術パーツによっては毛質によっては麻酔の使用が必要になりますが、アトピー肌や敏感肌の人は普通肌の人以上の痛みが伴うことはありません。肌体質によっては、炎症などによって肌のバリア機能が低下していて肌が乾燥しているには痛みを強く感じてしまいます。必ず施術が可能ではなく、医師のカウンセリングを行いながら可能かどうかを判断してもらいます。色素沈着がある場合には火傷を起こしてしまうリスクがあるため施術できないことがあります。施術後に赤みや軽い腫れが出る炎症性浮腫という症状がでることがあります。通常数時間から1日程度で治まりますが、肌が弱い人の中には肌に熱を持つとかゆみを感じる人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です